学生

Hibinecoひびねこシェルターは大阪のどこ?保護猫数が凄い!


ネコ保護YouTuberとして人気上昇中のhibineco/保護猫シェルター。

今回は、hibineco/保護猫シェルターの運営者・hibinecoさんの本名や年齢や身長などのプロフィールと、ヒビネコの保護猫数などについてまとめていきます。

加えまして、hibineco/保護猫シェルターのオススメ動画や、魅力的なところ・参考になるところなどの感想をお届けします。

hibinecoさんは、2013年の1月から猫の保護活動を開始し、大阪府泉南市にて保護猫シェルターを開設しています。
2020年2月19現在、保護猫の数の総数は125匹だそうです。彼女はまだ小学生ですが、YouTuberとなったのは2020年1月のことでした。
動画の中では保護している猫さんたちの紹介をしてくれています。

hibineco/保護猫シェルターを作ってる人はこういう人なんだ、というのをご参考ください。

それでは行ってみましょう。

この記事でわかることはこちら

hibineco/保護猫シェルターのプロフィール
hibineco/保護猫シェルターのおすすめ動画
hibinecoさんの魅力や感想

hibineco(ひびねこシェルター)の本名/年齢/学歴(高校・大学)などのプロフィール

それではさっそく、hibinecoのプロフィールをまとめていきましょう。

hibineco 基本情報

YouTubeチャンネル名:hibineco/保護猫シェルター
YouTuber名:hibineco
本名:未公表
生年月日:未公表
年齢:未公表
身長:未公表
高校・大学などの学歴:小学生?

簡単ではありますが、このようなプロフィールとなります。

それでは個別に見てみましょう。

本名

hibinecoさんの本名は未公表となっています。

いろいろ調べたのですが、本名はわかりませんでした。
hibinecoというYouTuber名は「日々、猫のことをしている」ことから名付けられたようです。

100頭以上もの猫を保護してお世話する、その健診な活動に本当に脱帽します。
よほどのネコ好きじゃないと到底できませんね。

年齢

hibinecoさんの年齢は未公表となっています。

そこで、動画や写真を少し参考にしてみましょう。

こちらか肌感や声の感じから推測しますと、年齢は11歳前後?ぐらいかと思われます。
彼女の年齢についての情報もありませんでした。動画の中で話している時の声のトーンや話す内容から推測すると、小学校の高学年から中学生くらいのようです。

ひびねこ,年齢

ひびねこさんは大阪府の泉南市にて保護猫シェルターで猫たちを保護しています。

山口県でも似たように保護猫シェルターで猫を保護している小学生の方がおられますが、そちらとは別人になりますね。

そんなひびねこさんが猫シェルターの運営費などを工面するためにYouTubeを開設して収益を得ようと頑張っている姿はネコ好きの私としても応援したくなります。

身長

hibinecoさんの身長は未公表です。

全ての動画を見ても、彼女の全身が映ったものはありませんでした。そのため、身長は推測できませんでした。

ひびねこ

ただ、やっぱり声の感じからしてまだ「大人」というわけではなく、まだ成長期の年頃のように思えます。
そのため、ひびねこさんは150cm前後くらいの身長ではないかと思われます。

学歴(小学校・中学・高校など)

hibinecoさんの学歴(小学校・中学・高校など)は未公表です。

ただ、大阪府泉南市で保護猫シェルターを運営しているということで、同様にひびねこさんは泉南市の学校に通っていると思われます。

学校の合間に保護猫たちのお世話をする。
しかも120頭以上もの猫ちゃんたち・・・

餌をあげるのも掃除をするのも並大抵の時間と手間がかかることでしょう。

それこそ自身の勉強をする暇があるのかどうか・・・

でも、日々猫のために献身するひびねこさん。

身体には気を付けて、周りの人もひびねこさんを支えてほしいと思います。

以上が、hibinecoさんのプロフィールです。

人気ユーチューバーの本名や年齢を知りたい方って結構おられるんですよね。

もはやユーチューバーも芸能人のようなポジションになってきたと言っても過言ではないかもしれません。

hibineco(ひびねこ)の保護シェルターはどこ?

hibineco(ひびねこ)の保護シェルターは大阪府泉南市にあります。

そして、定期的にねこ譲渡会を開催しています。

その場所は下記となります。

住所:大阪府泉南市信達市場433-1

ひびねこ,保護シェルター,場所

出典:https://www.pet-home.jp/event/ecg_1/detail_4863/

このように里親探しも行い、猫ちゃんの幸せを願っているhibineco(ひびねこ)さん。

そんな保護猫シェルターの運営費は月に30万円以上もするそうです。

そのため、hibineco(ひびねこ)では支援も募っているので、こちらをご参考下さい。

View this post on Instagram

𓂅 ✺❉ ・ 12月28日*土曜日(午後) ・ モモッチとベニがトライアルに出発しました。 ・ 3年前の12月に孤独死した、独居老人の飼主が遺した10頭のうちの2頭です。 シェルター立ち上げのきっかけとなった子達なので、少し特別な思い入れがあり、シェルターの核的存在のように感じていました。 懐こくて穏やかでとても良い子たちなので、ぜひ里親さんに繋げたいと思い続けた3年でした。 とはいえ、いざお声がけをいただいて出発となると寂しさも込み上げます。 一緒に過ごした3年間のことを、沢山思い出しました。 モモッチやベニの元のおうちの案件については、プロフィールのサイト欄に当時のブログのURLを載せましたので、良ければぜひ読んでみてやってください。 この案件からシェルター開設に至るまでの日々を、私自身も読み返してみましたが、あの頃がいちばん慌ただしく動き回っていたような気がします。 懐かしい。 ・ モモッチとベニの里親希望者様は、以前うちから猫を迎えてくださっているY様の大切な方なので、安心してお任せしてきました。 モモッチは到着早々に探検して甘えて寛いでと、落ち着かないながらも全然へっちゃらな様子でしたが、ちょっとデリケートなベニは押入れに引籠ってしまいました。 私が帰ってからは出てきたそうですが、まだまだ緊張しているようです。 デロンデロンに甘えたなモモッチが一緒なので、感化されてすぐに馴染むと思います。 まだトライアルは始まったばかりですが、このまま良いご縁になるようにと祈っております。 モモッチ、ベニ、頑張ってね! ・ ・ ・ #モモッチ#サバシロ #ベニ#シャムミックス #トライアル ・ ・ ・ 【御支援のお願い】 hibinecoの財政状況が切迫しております。 体調不良の子達がおりますので、検査等を受けさせたいのですが、医療費はじめ運営費用が足りません。 僅かでもご支援頂けましたら幸いです。 ・ 診察、治療等の医療費、シェルター運営費、維持費等で毎月30万円以上かかります。 ・ いつもお願いばかりで心苦しいのですが、ご支援、ご協力を宜しくお願い致します。 ・ 【郵便口座】 記号  14010 番号  57619961 hibineco(ヒビネコ) ・ 【銀行口座】 ゆうちょ銀行 店名  四〇八 店番  408 口座  5761996 hibineco(ヒビネコ) ・ ・ 【ご支援をお願いしたいもの】 ⭕️特にお願いしたいものです。 ・ ⭕️★ドライフード (ロイヤルカナンセンシブルはじめロイヤルカナン各種だとありがたいです) ⭕️★シーバ、懐石、銀のスプーン、ビューティプロ等のカリカリ ⭕️★たまの伝説ファミリー缶 ★ロイヤルカナン腎臓サポートセレクション ★ロイヤルカナン ユリナリーs/o オルファクトリーライト ★ジアニスト ★バイオウィル ⭕️★システムトイレ用シーツ(猫の時間31枚入/charm楽天市場店でひとつ262円です) ★システムトイレ用チップ (楽天からエネラボ・ジャパンの木質ペレット33ℓ/20kg・1785円をご支援いただけましたら助かります) ★ペットシーツ ワイド ★ペットシーツ レギュラー ★爪とぎ(ダンボールタイプ以外のもの) ★ブロードライン(子猫用・成猫用) ★焼カツオ/焼ささみ ★ちゅ~る ★養生テープ ★泉佐野市指定ゴミ袋20ℓ/30ℓ ・ ご支援物資宛先 〒590-0504 大阪府泉南市信達市場433-1 hibineco _______________ ※現在、引取り依頼、保護依頼はお受けしてしおりません。 ・ ※シェルターに訪問いただけるのは基本オープンシェルターの際のみとなります。 突然お越しになられましても対応致しかねますのでご了承ください。 作業の手が止まり猫たちに皺寄せがいきます。 お約束のない訪問はご遠慮くださいませ。 ・ #保護猫シェルター #hibineco #hibinecoシェルター #hibinecocco #ヒビネコシェルター #ヒビネコ #ヒビネコッコ #保護猫 #ネコ#猫#ねこ#cat #里親募集中 の子がたくさんおります! #ねこのいる生活 #殺処分ゼロ#さくら猫 #大阪#osaka#泉南市

A post shared by ⒽⒾⒷⒾⓃⒺⒸⓄ (@hibineco) on

Sponsored Link

hibinecoのオススメ動画は!?

動画でも一般ウケ、マニアックなどなど色んなものがありますよね。

個人的な意見にはなりますが、是非ご参考ください。

オススメ動画その1:保護猫たちを紹介します(1)

《【保護猫】保護猫たちを紹介します(1)【Protected cats】》
hibinecoが、保護した猫のことを紹介してくれています。最初に紹介されたのは「さーちゃん」でした。
次には「きいちゃん」、「ふさちゃん」などが紹介されました。
猫を保護するにあたり、hibinecoは、まず飼い主さんを探し、見つからないと保護する方針であることが紹介されています。
また、保護猫は持病を抱えていることも解説されています。

オススメ動画その2:【保護猫】猫部屋をのぞいてみた!シリーズ③*朝の様子

《【日常】【保護猫】猫部屋をのぞいてみた!シリーズ③*朝の様子》
hibinecoさんが運営している猫シェルターの朝のルーティーンの様子が描かれています。
猫シェルターには2つものストーブがあることがわかります。
盛んに動き回る猫がいる一方、全く動かない猫がいるなど猫により個性が異なることがわかります。

オススメ動画その3:猫を保護したら【What to do if you protect your cat】

《【保護猫】猫を保護したら【What to do if you protect your cat】》
hibinecoさんが、新しい猫を捕獲する様子から始まる動画です。
猫を保護したら何をすべきなのかを知らせてくれています。
最初は、寄生虫がいることを前提に対処した方が良いようです。
2回の検便をして寄生虫の有無を調べるそうです。最初のうちは隔離して育てるのがおすすめだそうです。
この動画を見ていると、保護仕立ての時は見窄らしかった見かけが、hibinecoさんが育てることでどんどん可愛くなっていく様子がわかります。

hibineco/保護猫シェルターでは他にも面白い動画はたくさんあります!

気に入ったらあなたも是非、チャンネル登録してくださいね♪

Sponsored Link

hibineco/保護猫シェルターの面白いところ・魅力は?

hibinecoさんがYouTuberデビューしたのは、2020年1月2日のことです。
大阪府にて猫の保護活動をしていて、泉南市にて保護猫シェルターを運営しています。

愛護団体ではなく、あくまでも個人活動で猫の保護を頑張ってくれています。
彼女の活動は、多くの人から送られる支援物資にて支えられています。
彼女の動画では、保護している猫の紹介などをして、里親探しに役立てています。

また、猫の爪切りなど世話する様子なども公開されています。
彼女のインスタグラムなどを拝見すると、高齢の猫さんや病気になった猫さんが亡くなってしまうなどつらい思いもしているようです。
普通の人ではできない経験をたくさん積んでいるようです。
これからも、シェルター運営を頑張って欲しいと応援したくなるYouTuberさんです。

Sponsored Link

まとめ

アバスケ まとめ

今回はhibineco/保護猫シェルターを運営する、hibinecoさんの本名や年齢や身長、高校・大学などの学歴や現在の仕事などのプロフィールをご紹介しました。
また、私のオススメするhibineco/保護猫シェルターの動画や面白いところ・魅力も合わせてご紹介させていただきました。

今回の情報を簡単にまとめますと、下記のとおりです。

YouTubeチャンネル名:hibineco/保護猫シェルター
YouTuber名:hibineco
本名:不明
生年月日:不明
年齢:11歳前後?
身長:不明
高校・大学などの学歴:小学生?中学生?

正確な情報が得られていないものもあって申し訳ございません。
未公表・不明な項目、間違った内容に関しては、追って詳細を確認していきたいと思います。

先程も申し上げたように、人気ユーチューバーは芸能人なみの人気を誇る人も大勢おられます。
また、再生数が多くなればなるほど、YouTuberってお金を稼ぐこともできるんですよね。

hibineco/保護猫シェルターがさらに人気が出るかどうかは、これからの動画次第でもあります。
hibinecoさんも視聴者に喜んでもらえるように、一生懸命ネタを考えて、面白い動画を作ろうと頑張っている事でしょう。

そんなhibinecoさんをこれからも応援していきます。
繰り返しになりますが、hibineco/保護猫シェルターの発展を祈って、是非ともチャンネル登録をしてみてくださいね♪

以上、「hibinecoの本名や年齢や身長は?高校・大学などの学歴も!」でした!